担当者とのコミュニケーションは・・・。

 昔から御葬儀の良し悪しの鍵は、依頼者と葬儀担当者の信頼関係にあるとまで言われています。

 「当初より規模が小さな御葬儀になりましたが、葬儀担当者からは依頼者の立場に立った親切なアドバイスをしていただけ、生前を良く知っている方からも故人らしい葬儀だったとお褒めの言葉を頂きました。また、細かな疑問や質問にも迅速にお答えくださり、私共遺族の想いにマッチした葬儀社をご紹介頂き感謝しております」。

 直葬希望で出来るだけ費用を抑えたい方からは「的確な助言、提案を頂き、オプションが用意されているものでも、自分達で準備ができれば費用も抑えられる等、葬儀社にとっては不利益であろうと思われる提案もしてくださり、有難かったです」

以上は御葬儀後に頂いたアンケートの一文です。

 御葬儀では実際に葬儀を取り仕切る担当者とのコミュニケーションのあり方が、満足度に深く関係致しますので、当センターでは基本的にご喪家の想いをしっかりと受け止めるためにも、最初から最後まで一貫して一人の担当者に面倒を見て頂くように、賛同葬儀社さんにお願いしております。

 担当者もご喪家側で何をお望みなのか、出来る限りお伺いし、ご喪家の想いを確かめ、くたくたになるまでやり通すことで信頼を得、そこで初めてご相談者の安心感をつかむことができるとまで申しています。

 また、ベテランの担当者からは、いかに早く打ち解けていただけるか、また短期間に信頼を得て、この人なら大丈夫と思っていただけるかが鍵になる。その為には相談しやすい状況を作って差し上げ、葬儀社のご葬儀ではないのだから、決してご喪家の前には出ず、一緒に歩きましょうと、常に二人三脚で行くように気を配っているとのお話も伺っております。

 コロナ禍だからと諦めず、やり直しが効かない御葬儀だからこそ、思いの丈を担当者に御相談され、後悔しないお見送りにしたいものです。

担当者の心意気

 昨年1月、豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号内で端を発したコロナ騒動も、各国とも国を挙げての対策に取り組み、早1年10ヵ月。

 日本では秋口からの減少方向に、各界とも期待を寄せておりますが、各々の方向性が定まらないのが現状で、まだまだ暗中模索の状態が続いています。

 そんな中、御葬儀の世界も、今はコロナ禍の状況だからとご喪家のご要望もトーンダウンし、取りあえずネットで検索しただけでお決めになり、ハウツウ式の御葬儀のズレに我慢されていらっしゃる方も多いかと存じます。

 しかしながら他の行事等とは異なり、御葬儀だけはやり直しが効きません。

 ご要望との差が大きく、お気持ちのズレが生じても修正は難しく、「こんなはずではなかった」。

 後悔先に立たずではありませんが、ここは様々な状況を乗り越えてきた、ベテラン担当者の出番ではないでしょうか。

 ご喪家の目線に合わせ、どんな緊急な折でも、限られた範囲の中でご要望にアドバイスができるのは、矢張りベテラン担当者のなせる業では・・・。

 長年御葬儀に携わってきた担当者曰く「御葬儀は一律こうすべきというものではなく、ご喪家からご要望を伺い、適切なアドバイスは勿論の事、それに伴うメリット・デメリットも含めて相談に乗り、ご相談者のよき伴走者として、臨機応変な対応を心がけ、常に最善の方法を模索している」との由。

 また、少人数の御葬儀では担当者との関係が重要になり、実際にお会いして、合う・合わないということも出てきますので、コロナ禍の中ですが、出来るだけお会いして頂くようお願いもしております。

 御葬儀後にご相談者から頂いたアンケートからもベテラン担当者の心意気が感じられます。

「ボーっとしていたら(葬儀社に)いいようにされてしまった」とのお話はよく聞きますが、「ボーッとしていたら(依頼者である私共の)いいようにしてくださった。又、「追加オプションを勝手に付けられた」とはよく聞きますが、担当者は「これは不要ですね」と削ってくださった、との由。

ベテラン担当者はコロナ禍でも健在です。

 御葬儀では永年お世話になった方々を通夜・葬儀告別式にお呼びし、故人様と最期のお別れをしていただくのが本筋でしたが、コロナ禍から1年半以上経った昨今では、三密(密閉・密集・密接)を避けるため、通夜を省いたお身内だけでの1日葬が大半を占め、更には御葬儀の式を執り行わず、いきなり火葬場にお集まりいただく直葬のみの御葬儀もごく一般的になって参りました。

 三密を避けるため、ネットを通じて形式的で当たり障りのないハウツウ式の御葬儀にせざるを得ない状況に追い込まれた時期もありましたが、御葬儀は夫々の状況により千差万別です。

 一時期ネットの検索からお問い合わせされる方も増え、群雄割拠の様相を呈していましたが、やり直しが出来ない御葬儀では他の催し事とは異なり、こんな時こそ御葬儀の本筋を心得た、労を厭わぬベテラン担当者の、臨機応変な対応が待たれます。

 状況に応じて如何に臨機応変に対応できるか・・。

 ベテラン担当者の腕の見せ所でもあり、同じような御葬儀でも、受け取る側のお気持ちにどれだけ沿えるかが大きな課題になってきます。

 以前、ご自宅以外に搬送予定で病院から自社安置所にお連れしたところ、ご相談者のお母様からどうしてもお父様を一度永年住み慣れたご自宅にお連れしたいとの強いご要望を頂き、急遽ご自宅に向かう羽目になった事例がございました。

 担当者はお母様の揺れるお気持ちを察し、自社安置所までの搬送代をサービスされ、その代わりに、ご葬儀までの数日間をご自宅にて永年お付き合いのあったご近所の方や古くからの友人とのお別れに当てて頂くよう助言されたとの由。

 御葬儀費用を極力抑えたいとのご要望に、削れる箇所は出来るだけ削り、ご喪家のご要望と向き合う真摯な姿勢にご喪家からもいつしか絶大な信頼を得、火葬後、ご自宅にお戻りになられたご相談者からはいの一番に、「センターからもくれぐれもよろしくお伝え下さい」とのご報告をいただきました。

 コロナ禍で揺れる中、ベテラン担当者の出番です。

今こそ担当者とのコミュニケーションが大事です・・・。

 昨年来世界中を巻き込んでいるコロナ禍対策は、自国の思惑も絡んで様々な様相を呈してきていますが、日本での感染は来週から開催されるオリンピックをはさんで、増加の一途をたどる傾向にあるとマスコミは警告を発しています。

 昨今、御葬儀の世界も不特定多数の方々がお集まりになる一般葬が敬遠され、このようなご時世ですからと、お身内だけでお見送りされ、通夜を省いた1日葬が大方を占める様になってきました。

 本来でしたら、我が家はこのようなお見送りされたいとのご要望をお持ちだった方も、コロナ禍だからと半ば諦め、規格品の当たり障りのない御葬儀が執り行われておりますが、後々本当はこうしてあげたかった、このようにしてお見送りしたかったとのご不満が出てくるのは必須です。

 しかしながら、御葬儀だけはやり直しが出来ません。

 そのご不満を解消し、ご納得のいくお見送りをするためには、ご喪家のお気持ちをストレートにお話しされ、それを受け止めてくれる担当者との出会いが重要になってきます。

 特に少人数での御葬儀の場合、担当者とのコミュニケーションがどれだけ取れるかにかかっている、と言っても過言ではありません。

 そこで様々な状況を乗り越え、御葬儀を熟知しているベテラン担当者の出番です。

 アンケートでも「葬儀社だけでなく、担当者の方が重要で、常に私共の主旨を素早くご理解頂き、私共と同じ目線で一緒に考えてくださり、コミュニケーションが良く取れ、イメージ通りの葬儀を行うことができました」とのご報告も頂いております。

 また、生活者の目線を常に大事にされていた女性担当者は、その場その場の判断力が大事で、永年常にご喪家の方々のお顔を見ながらやってきたので、接していると何が必要か分かりますとのこと。

 以前立会いにお伺いした際も、何気なく拝見していると、ご出席の皆様があれこれと叔母さんパワーを頼りにしていらっしゃったのが印象的でした。

 ある時、御葬儀の最中に、読経中の御住職の奥様が危篤状態との緊急電話が入りました。

 御住職は火葬場までお付き合いされる様子ですが、担当者は喪主にそっと進言されたとのこと。

 「初七日の法要も終わったことですから、御住職にお帰り願ったらどうですか。ご存命のうちにお会いされた方がよろしいのではと御住職に申し上げては・・・」

 喪主も思わずご納得されたと伺いました。

ご喪家の目線に立ったアドバイスに期待を・・・。

 昨年来のコロナ禍の中、2ヵ月ぶりに9都道府県の緊急事態宣言が解除されましたが、患者数は一向に減る気配のない状態が続いております。

  御葬儀の世界も、このご時世では・・・を合言葉に、当たり障りのない、howツウ式のお別れの仕方が一見大手を振っている様に見られますが、ご喪家にとっての本心は・・・と矢張り複雑な思いがあるようです。

 しかしながら、様々な行事が中止され、延期に追い込まれる中、御葬儀だけは中止、延期とも選ぶことはできません。

 規模は縮小されても、3密に注意しながらも最期のお別れだけは各ご喪家のご納得のいくやり方で、後々、思い残すことのない御葬儀にしたいものです。

 コロナ禍での御葬儀も、昨年当初はとりあえず差しさわりのない、howツウ式の御葬儀で我慢を強いられてきましたが、御葬儀の見送り方は各ご家庭によりご要望も様々あり、長期戦に突入して矢張りご不満も出てきます。

 頼みの綱はご喪家のご要望を汲み取り、臨機応変にその場の状況に応じた対応ができる担当者です。

 昔から、担当者の決め手は「聞き上手」とも言われています。

 ここは長年ご喪家のご要望をいち早く察知し、どのようにしたら少しでもご要望に近づけるかと、格闘されてきたベテラン担当者の出番です。

 以前、初めての御葬儀を出されたご相談者からのアンケートで、「ボーとしていたら(葬儀社に)いいようにされてしまった」とはよく聞くが、「ボーとしていたら私共のいいようにしてくださった」。また「追加オプションを勝手に付けられた」とはよく聞くが、「これは不要ですね」と削ってくださった。

 更に、御葬儀後もお世話になり、手厚く助けていただき、どんな小さな疑問にも、丁寧にお答え頂だいたとご回答いただき、御紹介した当方も、我がことの様にホッとしたものでした。

 又、あるベテラン担当者は常にご喪家の目線に立ったアドバイスをこころがけ、ご相談をお受けする際にはお送りする方向が一緒になれるよう気を付けているとの由。

終わり良ければ全て良し・・・?

 「晩年、父は病の連続で苦しい人生になり、医者にも恵まれず、大変な思いをしてきましたが、最後に良い葬儀社さんに恵まれたのも、真面目一筋の父の人徳だったのかな・・・と思っております」

以前、ご相談者から御葬儀後に頂いたお礼の文面の一部です。

 内輪だけでのご葬儀が多い昨今ですが、以前からやり直しがきかない御葬儀の良し悪しは、担当者の采配如何で決まるとまで言われてきました。

 コロナ禍の中、ご葬儀を初めて体験される方も多く、緊急事態宣言下の折、どの様な御葬儀をどの様に始めたら良いのか、中々見当が付かず、ご不安だけが先立ちますが、少しでもご満足のいくご葬儀にするためには、御葬儀までの短期間の間、ご喪家と担当者とのコミュニケーションが、どれだけ取れるかにかかっている、と言っても過言ではありません。

 当センターでは以前から一貫して一人の担当者が最初から最後まで面倒を見る方針を貫いており、特に昨今の様に世の中の状況が目まぐるしく変化していく中、ご喪家の方々にとっても安心材料の一つになっているようです。

 と言っても、葬儀社さんの方で一方的に指図するのではなく、一歩引いた立場での裏方に徹する仕事ぶりに好感を持たれる担当者もいらっしゃいます。

 また、ご依頼者からご要望をお伺いし、「普通」 を押し付けず、ご喪家に見合った御葬儀を提案される担当者と様々です。

 相変わらず、ハウツー式のマニュアル通りの御葬儀が多い中、ここは緩急を心得たベテラン担当者の出番でもあります。

 コロナ禍で様々な制限が加わる場合でも、状況に応じて対応出来るベテラン担当者の臨機応変な采配ぶりが、少しでもご満足のいく御葬儀へと繋がって行きます。

 本当はこうして見送りたかったと悔やんでも、ご葬儀だけはやり直しが出来ません。

 「終わり良ければ、全て良し」ではありませんが、どんな状況下になろうとも、センター共々ご納得のいく手助けの一環になればと存じます。 

担当者はご喪家と同じ目線で、目配り・気配り・心配りを・・・。

 月日が経つのは早いもので、昨年来のコロナに気を取られているうちに、今年も早4分の1が過ぎてしまいました。

 ゴールデンウイークを控え、コロナ禍の中、様々な催しの中止、又は延期が取り沙汰されていますが、御葬儀だけは待ってくれません。

 お見送りは3密(密閉・密集・密接)を避け、出来るだけシンプルに、お身内だけで執り行う方向にシフトしていますが、しかしながら、御葬儀は各ご家庭で日常的に執り行うものではありませんので、専門の業者さんにゆだねる形になり、担当者の采配ぶりで、良し悪しの落差が出てしまうことも度々です。

 ある意味、担当者の目配り、気配り、心配り次第で、ご満足いただけるか否かが決定すると言っても過言ではありません。

 先日もすでに他社での御葬儀を決め、施行の準備に入っておりましたが、担当者の対応にご不満をもたれたお身内の方から御相談を頂き、改めて当センターがご紹介した賛同社にお願いする羽目になってしまいました。

 また、当初病院付きの葬儀社さんにご自宅への搬送をお願いされたが、ご逝去されたお父様への配慮が足りない雑な扱いに、お母様が心を痛めているご様子を、見るに見かねたご長男の方から、改めて葬儀社探しをされたいとのご連絡を頂いたこともございます。

 一方で、御葬儀後「特殊な状況下のもと、ご喪家の気持ちを理解していただき、同じ目線で一緒になって考えて頂けた」とのアンケ―トも頂いております。

 また、不安を抱え、ご喪家のお気持ちもなかなか定まらない中、1度に説明されてもご理解いただくのが難しい場合もあり、ご喪家にスケジュール表をお渡して、「必要なものを一つひとつ、いつまでに揃えるのか、また決める必要があるのか」等をその都度説明され、担当者の目配り・気配り・心配りで初めての御葬儀の難局を乗り越え、ホッとされたお気持ちが垣間見えるアンケ―トも頂いております。

 どんな時代になろうとも、お見送りする気持ちに変わりはありません。

コロナ禍の中、担当者からの助言

 最近はコロナ禍のせいにして、あなた任せの御葬儀で済ませてはいませんか?

 コロナ終焉後、こんなはずではなかった。

 本当はこんなお見送り方をしたかったと悔やんでも、やり直しはききません。

 昔から「後悔先に立たず」とはよく言われていますが、今こそ、この言葉が当てはまるのは・・・。

 ネットで検索された御葬儀情報を鵜呑みにして、言われるまま葬儀社さんのレールに乗り、終了後の請求書をご覧になりビックリと言うケース等も以前から伺ってはおりましたが、昨年来のコロナ禍の中、更に御相談もままならない状況下では、ご要望も遠慮してほどほどにと忖度され、気が付いたら御葬儀は終わっていたというケースを最近よく耳にします。

 コロナ禍で状況によりやり方や方法は変われども、御葬儀の本質に変わりはありません。

 現在の情況下で、出されたご要望が難しければ、別な方法を提案し、条件に合った対応を可能にするのは、永年あらゆる局面を乗り越えて御葬儀に携わってきた、ベテラン担当者の心意気ではないでしょうか。

 現状が無理なら、別なこのような方法もある旨提案し、可能な限りご要望に近づける・・・。

 今こそ経験豊富なベテラン担当者の出番では・・・。

 以前、ご葬儀に立会いでお伺いした折にも、担当者に全幅の信頼を寄せていらっしゃるご相談者をお見かけしていると、双方のコミュニケーションの取り方がつぶさに感じられ、ご喪家のご要望に見合ったご葬儀になったのではと実感させられたものでした。

 また、御葬儀後のアンケ―トでも初めてのご葬儀をご不安の中、無事終えられ、ほっとされたお気持ちが感謝のお言葉として綴られております。

 「ボーっとしていたら(葬儀社に)いいようにされてしまった」とのお話はよく聞きますが、「ボーっとしていたら(依頼者である私共の)いいようにしてくださった」

「追加オプションを勝手に付けられた」とはよく聞きますが、担当者は「これは不要ですね」と削ってくださいました。

との文面に、ご紹介した者として、ベテラン担当者の心意気を感じたものでした。

 直葬で出来るだけ費用を抑えたい方からは「的確な助言、提案を頂き、オプションが用意されているものでも、自分達で準備ができれば費用も抑えられる等、葬儀社にとっては不利益であろう提案もしてくださり、有難かったです」と・・・。

コロナ禍の中、担当者の心遣いは・・・。

 「御紹介頂いた葬儀社様にお世話いただき、万事滞りなく、不安もなく、母を見送ることができました」。

 コロナ禍の中、事前の御相談を頂いた方から御葬儀後早速にお礼状を頂きました。

 「担当された社長様には親族の葬儀に参列したことのない私が困らないように、ご遺体の搬送から、斎場準備、葬儀の取り仕切り迄、色々ご配慮いただき、また、お心遣いいただきました。中でもうれしかったのは、遠方の菩提寺の御住職から読経を頂けたことです」。

 センターに御相談頂いた当初は、ご高齢で体力的にも大変な御父様のご意向を汲んで、直葬も考慮されていらっしゃるとのことでしたが、せめて読経で供養したいとのお考えに変わり、遠方にある菩提寺御住職にご連絡されて、ご相談者のご自宅(横浜)近くで1日葬の読経をお願いできるお寺の御紹介をお願いされたところ、菩提寺の御住職自らお越しいただけるとのご返事をいただきました。

 しかしながら、御家族だけの1日葬の為に、わざわざ遠方からお越し頂くのは心苦しくもあり、どうしたものか、早速にセンターが御紹介した担当者にご相談したところ「ここまで考えてくださっているなら、菩提寺の御住職にお願いしても良いのでは・・・」と勧められ、担当者のこの言葉で一気にお気持ちが楽になったとの由。

 「菩提寺からご導師様をお願いすることが出来、見送る側の家族として、とても心落ち着いたお式になりました」。

 永年特養ホームに入居されているお母様の状況が厳しくなり、万が一を想定した見積りをお取りになりたいとの御相談を頂いた17日後の御葬儀でした。

 御葬儀を執り行うのは初めての経験とのことで、御相談頂いた当初はどこからどの様に手を付けてよいものかもご不明で、ご不安との事でした。

 まずはご不安のご様子をお伺いし、早速にご要望を整理するところから始まり、土台になるお見積りを地元の賛同社からお取りし、ご説明いたしますと、お母様のお見送りの仕方がより鮮明になり、具体的なご要望もはっきりされてきたご様子で、再度御希望のお見積もりをお取りすることができました。

 御相談を頂いてから10日後、特養ホームからの御帰宅がかなわなかった、永年住み慣れたご自宅の近くをお通りし、安置先へと向かわれました。

コロナ禍の中、ベテラン担当者の出番です。

 コロナ禍の中、自粛ムードが浸透し、最近はご喪家からのご要望も言い出しづらいご様子で、当たり障りなく、あまり強くおっしゃらない傾向が見られるようです。

 しかしながら、どんな状況下でも、人の死を弔う気持に変わりはありません。

 これまで、葬儀担当者はご喪家のご要望を汲み取り、出来るだけご喪家に見合った見送り方を提案し、随時、臨機応変な対応をしてきましたが、最近はハウツウ式の規格品の御葬儀が取って代わる傾向が顕著になって参りました。

 そこにもってきて、さらに追い打ちをかける様に、コロナ禍での自粛要請が通達され、悪く言えば「取りあえず御葬儀は出しました」的な御葬儀が多く見られるようになり、残念ながら、ご喪家が思い描いていた見送り方とは、大分かけ離れたものになってしまったとのお話も耳にするようになりました。

 声を潜め、右ならえ・・・の風潮がいつの間にか浸透し、あたり障りのない御葬儀に、コロナ終焉後、あの時ああすればよかった、こうして差し上げたかったと後悔されても、御葬儀だけは他の儀式とは異なり、やり直しが利きません。

 こんな時こそ 御葬儀に精通した担当者の出番です。

 色々と規制された中でも、ご喪家とのコミュニケーションを計り、ご喪家の空気を読み、ご要望を汲み取って、臨機応変に対応できるのもベテラン担当者のなせる業です。

 御葬儀後のアンケートでもその対応ぶりが伺えます。

●ご要望をお伺いし、ご喪家の事情を酌んで「これで十分、これは必要ない」とまで言ってくれました

●依頼者の立場で適切なアドバイスを頂き、故人と親しい方から「○○さんらしいご葬儀だった」とお褒めの言葉を頂いた。

●細かなプランの変更や御相談にも応じていただき、きめ細かなサポートで手作りの温かいお式が出来たと満足しております。等々。

 当センターでは、一人の担当者に最初から最後まで、一貫して面倒を見て頂くようにしております。