お参りしたい人のお気持ちも考えて・・・。

 先日、お父様がご自宅で突然死され、警察での検視も終わり、御家族だけでのお見送りのお支度にとりかかっていましたが、お父様の友達に知れるところとなり、皆様のご要望で急遽お別れの場を設けることになりました。

 突然のこと故、御家族のお気持ちも動転されている中、昨今のコロナ禍での御葬儀同様に、お身内だけでのお別れをあえて1日葬に変更され、お友達とのお別れの機会を設けられたとの由。

 以前、アンケートを頂いた方のお言葉が蘇ってきました。

 「涙も笑いもある御葬儀でした。看病の流れのまま御葬儀に突入しながらも、残された家族がどれだけ気持ちに余裕をもっていられるかで、参りたい人の気持ちを受け止められるかが決まり、すべてが過ぎ去る前に気付かされたお蔭で、皆様にも私たち家族にも一生の悔いが残らずに済みました」とのお言葉がリフレインしています。

 当初、ご本人様からは御家族4名様での火葬のみを希望され、病院に日参されている奥様のお体を気遣い「参ってくれる人が一人増えれば増える程、あんたが疲れるのだから・・・」と言い続けていらっしゃったと伺っておりました。

 しかしながらご相談者は当センタ―のホームページに記載されていた「お参りしたい人の気持ちを汲んであげることも大切・・」のくだりが頭の隅にこびりついて離れなかったご様子との由。

 当センターとのやり取りの中「近親者の率直なお気持ちをお伺いしていくうちに、父には申し訳ないが、御葬儀は私たちがどれだけその人達のお気持ちを受け止められるかにかかっている」と確信され、3ヵ月後の御葬儀には御親族の方々に大勢お見えいただき、通夜の晩、皆さんで斎場の大広間に雑魚寝をされ、久しぶりにお会いされた方々にとって合宿所のような1晩が思い出深く心に刻まれたご様子で、翌朝バケツリレーのようにして大広間に運ばれたお布団の山は圧巻でしたとご報告頂きました。

 お見舞いも拒否され、最期のお別れも出来ないなんて辛すぎるとのご親戚の方々やお友達のお言葉に「どうぞ、お願いします。お見えになってくださいと言え、一生の悔いを残さずに済みました」とは奥様のお言葉。

 コロナ禍での規制の中、従来の御葬儀では難しい状況もあり、お別れもままならない中ですが、いつの世でもお別れのお気持ちに変わりはありません。

これからの御葬儀の在り方は・・・?

 昨年来のコロナ禍の中、御葬儀も出来るだけ質素にお身内だけでお別れを…とのご要望が多く寄せられていますが、一方でこんなご時世だからこそ、ご納得のいく形で最期のお別れをされたいとのお声も、故人様と古くからのお知り合いの方々から頂きます。

 社交辞令でお伺いするのではなく、ご自身の人生の中で深くかかわった方に最期のお別れをされ、けじめをつけたいとのご要望もお伺いしています。

 数年前、体育会系の先輩の御葬儀に立会いでお伺いした際でした。

 後輩の方々が多数ご出席された御葬儀も、いよいよ最後のご出棺の時間が迫って参りました。

 と、突然後輩達が柩を囲み、スクラムを組んで、面倒見が良かった先輩へ「最期に届け」とばかりに学生時代に戻り、蛮声を張り上げての応援歌が披露されました。

 一気に40数年前にタイムスリップしたおじさん達は溢れる涙を拭おうともせず、応援歌は終わることが無いように、リフレインされていました。

 周りを囲んだ他の参列者も思わず目頭を押さえ、式場は穏やかな空気に包まれ、不思議なことに、お別れの場である式場全体が幸せな空気に包まれたようにも感じられました。

 コロナ禍の中、御葬儀のお式をせずにお身内の方のみでお見送りする方、通夜を省いて1日葬のみでお別れされる方と様々ですが、人と人との距離感や式場での決まり事も含め、コロナ以前とは大分趣が異なって参りました。

 関わりのある方がご納得のいくお見送りの仕方を摸索し、これからの御葬儀の在り方も含めて、コロナ以降を問われる時代に入っているのかもしれません。

卒寿のお言葉

 11月11日テレビをつけると、作家で天台宗の尼僧・瀬戸内寂聴さんの訃報が飛び込んできました。

 享年99歳との由。

 謹んでお悔やみ申し上げます。

 最近はご高齢ながら、90代の方の活躍が目につきます。

 お料理教室の先輩も今年の春、卒寿のお祝いをしたところです。

 その先輩から先日卒寿に関するメールを頂きました。

 「とうとう90年を生きてしまったお祝いに、関係筋から卒寿の小冊子を頂きましたが、果たしてめでたいのか」

 と、申しますのも、最近は先輩・同級生と顔を合わせるのが稀になり、小学校・高等女学校・大学のクラス会は5年前が最後となってしまったが、それでも残り少ない大学時代の同級生とは3ヵ月に1回ランチをしていることを句会で披露したところ、2人では囲むにならないと揶揄されてしまわれたとのこと。

 かつての友人達も高齢者施設入居、車椅子,介添え人付きとなると次第にお会いするのもおっくうになり、コロナ禍の昨今では手紙とはがきを送りまくり、それでも用事を済ませた後、毎日のお使いは欠かさずに、1日平均5000歩~6000歩は確保しているとの由。

 お誘い頂くのは後輩ばかりとなりましたが、お誘いいただけることの幸せを昨今は身に染みていらっしゃるとのお言葉です。

 戦後初の女性管理職を歴任されて、80代後半までは海外出張も何のその、たくましい人生の先輩です。

 その先輩も昨今の風潮に対して、日本に住むからには噴火・地震・津波・台風は覚悟の上。

 コロナ禍は人災半分で、後手後手に回った政府、孤独に耐えられない若者・子供にとって目先の楽しいことばかりがあり過ぎた時代が長すぎた結果では・・・と。

 戦後の厳しい時代を体験され、喜怒哀楽・栄枯盛衰を噂ではなく、現場で見てきた先輩のお言葉です。

 まだまだ、現役で後輩を叱咤激励されている姿に安堵しました。

 また、ご連絡させていただきますので、こちらこそよろしくお願いいたします。  

ジャズとコロナと御葬儀と・・・。

 今年も残り早2ヵ月を切る季節となって参りましたが、季節感が薄れ、相変わらずコロナ一色の中で右往左往する毎日が続いています。

 街路樹も色づき、街中をジャズの音楽が流れ、各地でフェスティバルが開催される季節ですが、自粛ムードが定着し、生活の中からいつの間にか、音楽が遠のいてしまった感は否めません。

 御葬儀とジャズ、一見関わりが無いような組み合わせですが、以前お伺いした無宗教葬でのジャズメン達の熱い演奏ぶりがこの季節になると鮮烈に蘇ります。

 都内でジャズ喫茶を経営し、お仲間達とジャズの演奏をされていたご主人のたっての願いで、喪主の奥様は御主人のご兄弟の大反対を押し切って、無宗教葬での音楽葬を執り行いました。

 通夜の間中、ジャズの音楽が流れ、往年のジャズ仲間が多数お集まりになり、懐かしい写真や作品に触れ、思い出話に花を咲かせておりましたが、お仲間のお1人が感極まって持参されたトランペットを吹き始めると、他のお仲間達も我先にご自分の楽器を手にされ、ご一緒にスイングされて、気が付けば式場はいつの間にか演奏会場に早変わりし、皆さんご自慢の楽器を手に思いのたけを奏でて、お見送りされているご様子でした。

 大反対をされていたお兄様も、気が付けば、弟さんの御自慢だった楽器を手に、ご一緒にスイングされていらっしゃるご様子です。

 翌日の告別式ではあれだけ反対されていたお兄様が「こんな素晴らしいご葬儀は初めてだ」と号泣され、これからも末永くお付き合いを・・・と告白され、ご出席のお仲間達も、思い出深いご葬儀にご納得されたご様子でした。

 コロナに翻弄される昨今ですが、秋の深まりと共に、ジャズの音色が思い出される季節はいつになるのでしょうか・・・。

担当者とのコミュニケーションは・・・。

 昔から御葬儀の良し悪しの鍵は、依頼者と葬儀担当者の信頼関係にあるとまで言われています。

 「当初より規模が小さな御葬儀になりましたが、葬儀担当者からは依頼者の立場に立った親切なアドバイスをしていただけ、生前を良く知っている方からも故人らしい葬儀だったとお褒めの言葉を頂きました。また、細かな疑問や質問にも迅速にお答えくださり、私共遺族の想いにマッチした葬儀社をご紹介頂き感謝しております」。

 直葬希望で出来るだけ費用を抑えたい方からは「的確な助言、提案を頂き、オプションが用意されているものでも、自分達で準備ができれば費用も抑えられる等、葬儀社にとっては不利益であろうと思われる提案もしてくださり、有難かったです」

以上は御葬儀後に頂いたアンケートの一文です。

 御葬儀では実際に葬儀を取り仕切る担当者とのコミュニケーションのあり方が、満足度に深く関係致しますので、当センターでは基本的にご喪家の想いをしっかりと受け止めるためにも、最初から最後まで一貫して一人の担当者に面倒を見て頂くように、賛同葬儀社さんにお願いしております。

 担当者もご喪家側で何をお望みなのか、出来る限りお伺いし、ご喪家の想いを確かめ、くたくたになるまでやり通すことで信頼を得、そこで初めてご相談者の安心感をつかむことができるとまで申しています。

 また、ベテランの担当者からは、いかに早く打ち解けていただけるか、また短期間に信頼を得て、この人なら大丈夫と思っていただけるかが鍵になる。その為には相談しやすい状況を作って差し上げ、葬儀社のご葬儀ではないのだから、決してご喪家の前には出ず、一緒に歩きましょうと、常に二人三脚で行くように気を配っているとのお話も伺っております。

 コロナ禍だからと諦めず、やり直しが効かない御葬儀だからこそ、思いの丈を担当者に御相談され、後悔しないお見送りにしたいものです。

担当者の心意気

 昨年1月、豪華客船ダイヤモンド・プリンセス号内で端を発したコロナ騒動も、各国とも国を挙げての対策に取り組み、早1年10ヵ月。

 日本では秋口からの減少方向に、各界とも期待を寄せておりますが、各々の方向性が定まらないのが現状で、まだまだ暗中模索の状態が続いています。

 そんな中、御葬儀の世界も、今はコロナ禍の状況だからとご喪家のご要望もトーンダウンし、取りあえずネットで検索しただけでお決めになり、ハウツウ式の御葬儀のズレに我慢されていらっしゃる方も多いかと存じます。

 しかしながら他の行事等とは異なり、御葬儀だけはやり直しが効きません。

 ご要望との差が大きく、お気持ちのズレが生じても修正は難しく、「こんなはずではなかった」。

 後悔先に立たずではありませんが、ここは様々な状況を乗り越えてきた、ベテラン担当者の出番ではないでしょうか。

 ご喪家の目線に合わせ、どんな緊急な折でも、限られた範囲の中でご要望にアドバイスができるのは、矢張りベテラン担当者のなせる業では・・・。

 長年御葬儀に携わってきた担当者曰く「御葬儀は一律こうすべきというものではなく、ご喪家からご要望を伺い、適切なアドバイスは勿論の事、それに伴うメリット・デメリットも含めて相談に乗り、ご相談者のよき伴走者として、臨機応変な対応を心がけ、常に最善の方法を模索している」との由。

 また、少人数の御葬儀では担当者との関係が重要になり、実際にお会いして、合う・合わないということも出てきますので、コロナ禍の中ですが、出来るだけお会いして頂くようお願いもしております。

 御葬儀後にご相談者から頂いたアンケートからもベテラン担当者の心意気が感じられます。

「ボーっとしていたら(葬儀社に)いいようにされてしまった」とのお話はよく聞きますが、「ボーッとしていたら(依頼者である私共の)いいようにしてくださった。又、「追加オプションを勝手に付けられた」とはよく聞きますが、担当者は「これは不要ですね」と削ってくださった、との由。

コロナ禍の中、ベテラン担当者の出番です・・・。

 10月に入り、目下のところ、コロナ感染者数の減少が続いていますが、不透明な状況は相変わらずです。

 御葬儀も通夜を省いたお身内のみの1日葬、もしくはお式を執り行わず、直接荼毘に付す直葬に二分されたような状況が続いています。

 コロナ禍の中、感染対策を第1に、出来るだけシンプルにとは言え、ハウツウ式の順番だけをなぞったような御葬儀でよしとする状況下に、2~3年前のコロナ禍以前の御葬儀を想い浮かべ、じくじたる思いのご喪家も多いかと存じます。

 小規模でも、パッケージされたハウツウ式ではない、我が家に見合った見送り方をしたい。

 取りあえずは周りの状況に配慮し、沈黙を守っているが、本来でしたらやり直しがきかない分、こうしたお見送りをしたかった、お身内からそんな声も聞こえてくる昨今でもあります。

 そんな折、お身内の声を察し、臨機応変に対応出来るのは、永年様々な状況をかいくぐってきた経験豊富なベテラン担当者の方々です。

 状況に応じた臨機応変な対応を可能にしてくれるのは、御葬儀に熟知しているベテラン担当者のなせる業でもあります。

 当センターでは賛同社をご紹介するにあたり、常に担当者レベルまで把握しており、その都度、御相談に応じた御紹介をさせて頂いております。

 以前ネットを通じて御相談された後、当センターに御相談頂いた方から「他社さんからはこちらの質問に事務的な受け答えしかいただけなかったが、御社で御紹介頂いた担当者からはオプションについてもこれで十分、このご葬儀では特に必要なしと状況判断をして頂き、大変助かりました。ネットで検索しただけではめぐり会えなかった方を御紹介頂き感謝しております」とのご報告も頂いております。

 担当者からも「ご相談者から良いご葬儀だった」と言って貰えるか否かは、ご葬儀が始まる前に決まってしまうとまで断言されたことが思い出されます。

 やり直しがきかない御葬儀ゆえ、如何にご相談者のお気持ちを汲んだ対応をして、ご信頼いただけるかにかかっているとのことです。

 コロナ禍の今こそ、ベテラン担当者の出番です。

時代は変われども、見送る気持ちに変わりなし・・・。

 昨年来のコロナ禍の中、秋口から患者数が劇的に減ってきたと連日報道され、早くもコロナ後を見据えた方向に舵が取られ始めていますが、まだまだ油断なりません。

 人の集まる御葬儀の世界も、三密(密閉・密集・密接)を避け、出来るだけシンプルな方向をとのことで、「こんなご時世ですので・・・」を合言葉のようにして、大方の御葬儀が、人の出入りの多い通夜を省いたお身内だけの1日葬、若しくは、御葬儀のお式自体を省いた直葬にシフトされていますが、今後どのような方向に向かうのでしょうか。

 御葬儀の在り方も、コロナ対策を検討している間に、いつの間にか見送る御家族の方々の世代交代がなされ、社葬や特別な場合を除き、今後はよりシンプルでクールな方向に向かうのではとも想像されます。

 しかしながら次なる世代に移行されても、基本見送る気持ちに変わりはありません。

 昨今のようにネットの情報が飛び交う中、御葬儀のハウツウだけを伝授されても、なかなかご満足の声を聞くまでには至らないようです。

 直葬を御希望ですが、最期のおわかれだけはゆっくりと・・・。

 こんなご要望も度々頂きます。

 やり直しがきかない御葬儀に際し、依頼者のご要望にどれだけお答えできるか。

 担当者には相談者のお気持ちを察し、臨機応変なアドバイスがどれだけなされるか否かに力点が掛かってきます。

 当センターではご紹介する賛同社の担当者レベルまで把握して、ご依頼に沿った社の担当者をご紹介しております。

 以前、立会いでお伺いした御葬儀では、ベテラン担当者の気配りのある対応ぶりを見ていた御親族の方が思わず「俺の時もここに頼もうかな」とつぶやいていたのが印象的でした。

 コロナ禍の中、「葬儀社は究極のサービス業」とまでおっしゃっていた先輩担当者の言葉がリフレインしています。 

見送るお気持ちはいつの世も同じです。

 コロナ禍の中、幾度目かの緊急事態宣言が9月30日をもって解除され、人の流れや行動制限も段階的解除となって参りましたが、3密(密閉、密集、密室)を避け、安全を確かめた上で、身近な方をお見送りするお気持は、いつの世も変わりありません。

 「母はこんなご葬儀がしたかったんです。有難うございました」

 以前、立会いで御葬儀にお伺いした折、ご相談者から開口一番、お礼のお言葉を頂き、担当者をご紹介した当方も思わずホッと胸をなでおろし、安堵したものでした。

 当初、病院付きの葬儀社さんにご自宅へ搬送をお願いされたのですが、お父様への配慮が足りない雑な扱いにお母様が心配され、見るに見かねたご長男様から当センターにご連絡を頂き、地元のセンターの賛同葬儀社さんを改めて御紹介させて頂いた御葬儀でした。

 不安と戸惑いの中、初めて御葬儀を執り行うご喪家にとり、御葬儀担当者の存在はとりわけ大きく、心強いものです。

 ハウツウ式の御葬儀の伝授だけでは、ご満足の御葬儀は望めません。

 昨今のように、小規模な御葬儀が多くを占める状況の中、ある意味、担当者のアドバイス如何で御葬儀の良し悪しが決まってしまうとまで言われております。

 ご喪家のご要望を推し測り、適切なアドバイスはもちろんのこと、それに伴うメリット、デメリットも含めてご相談に乗り、よき伴走者として、臨機応変な対応をしていただける担当者を求める傾向が、より顕著になってきているようにも思われます。

 以前1人っ子のご相談者からアンケートのご回答と一緒にお手紙を頂きました。

 「父を見送った後、これでよかったのかと一人で悩んでおりましたが、早速に担当者から心に残る御葬儀だったとのお手紙を頂き、気持ちも一気に軽くなり、今では無事父を見送ることが出来たのも皆様のおかげと感謝しています」とのご報告に、御紹介した当方も思わずほっとさせられたものでした。

ベテラン担当者はコロナ禍でも健在です。

 御葬儀では永年お世話になった方々を通夜・葬儀告別式にお呼びし、故人様と最期のお別れをしていただくのが本筋でしたが、コロナ禍から1年半以上経った昨今では、三密(密閉・密集・密接)を避けるため、通夜を省いたお身内だけでの1日葬が大半を占め、更には御葬儀の式を執り行わず、いきなり火葬場にお集まりいただく直葬のみの御葬儀もごく一般的になって参りました。

 三密を避けるため、ネットを通じて形式的で当たり障りのないハウツウ式の御葬儀にせざるを得ない状況に追い込まれた時期もありましたが、御葬儀は夫々の状況により千差万別です。

 一時期ネットの検索からお問い合わせされる方も増え、群雄割拠の様相を呈していましたが、やり直しが出来ない御葬儀では他の催し事とは異なり、こんな時こそ御葬儀の本筋を心得た、労を厭わぬベテラン担当者の、臨機応変な対応が待たれます。

 状況に応じて如何に臨機応変に対応できるか・・。

 ベテラン担当者の腕の見せ所でもあり、同じような御葬儀でも、受け取る側のお気持ちにどれだけ沿えるかが大きな課題になってきます。

 以前、ご自宅以外に搬送予定で病院から自社安置所にお連れしたところ、ご相談者のお母様からどうしてもお父様を一度永年住み慣れたご自宅にお連れしたいとの強いご要望を頂き、急遽ご自宅に向かう羽目になった事例がございました。

 担当者はお母様の揺れるお気持ちを察し、自社安置所までの搬送代をサービスされ、その代わりに、ご葬儀までの数日間をご自宅にて永年お付き合いのあったご近所の方や古くからの友人とのお別れに当てて頂くよう助言されたとの由。

 御葬儀費用を極力抑えたいとのご要望に、削れる箇所は出来るだけ削り、ご喪家のご要望と向き合う真摯な姿勢にご喪家からもいつしか絶大な信頼を得、火葬後、ご自宅にお戻りになられたご相談者からはいの一番に、「センターからもくれぐれもよろしくお伝え下さい」とのご報告をいただきました。

 コロナ禍で揺れる中、ベテラン担当者の出番です。