葬儀社選び

複数の葬儀社を比較して決めたいと思われている方は多く、ご相談でもほとんどの場合、複数の葬儀社をご紹介し、検討していただいています。

ご要望の詳細を伺いながら、ご相談者と一緒にご希望される葬儀について整理していき、概算の見積書とセンターからの説明書や、各社のホームページをご覧になり、そのうちの1社を候補に絞っていただくと流れになります。

以前対応させていただいた事前相談で、ご相談者はセンターとのメールのやり取りの中でご要望を整理ができ、自分がどのような葬儀を希望しているのかが明確になり、1社に決めたという経緯をお知らせくださいました。

その社に絞った理由として、会社の姿勢、社長の考え、見積りの明解さ、希望する式場での葬儀実績などを挙げられ、ご相談者ご自身が葬儀について整理されていることで、何を基準に選ぶのかという事が明確になったとのことです。

ご自身が葬儀についての情報を何も持たない状態でたくさんのホームページを見ても、どこを選んだら良いのかわからない、どれも同じに感じてしまう・・など、かえって混乱されてしまう方は多いようです。

そのような場合には、どのような葬儀にしたいのか、ご本人やご家族が一番重視しているところはどこなのかなどを明確にすると、同じに見えてしまう葬儀社のホームページでも見る角度が変わり、葬儀社選びの参考になるのではと思います。

一人の担当者が対応するということ

 当センターでは、ご相談者に対して、基本的に一人の担当者が対応しています。ただ、24時間いつでもすぐに対応するというわけにはいきません。仕事以外の時間もあるのはもちろんのこと、葬儀社との打ち合わせ、葬儀の立ち合い、斎場の確認などで事務所にいないときもあります。

 もちろん、担当者がいなくても、相談案件はわかるようになっているので、ほかのスタッフも代わることはできます。でも、お急ぎの時以外は、極力、担当者が対応をすることにしています。

 相談者からすれば、そのほうが安心でしょう。

 そしてさらには、われわれのようなところは、大組織のマニュアルがしっかりしたオペレーション的な対応ではないので、誰がやっても同じにはならず、相談対応にも人柄がでます。

 なので、ご相談者に対して、その場ですぐに対応できる人が機械的に対応するというよりも、一人の担当者がじっくり対応したほうが良いと思っています。

ご葬儀はご遺族の「こだわり」が鍵となる

 お医者様からご準備をと促され、慌ててインターネットで検索をされ、情報集めだけはされたが、氾濫している情報の中から我が家に見合う情報をピックアップされるのは至難の業でもあります。
勢い、既製品で間に合わせるように決めて、可もなく不可もなくご葬儀が終り、心に残るものが今一つ実感できないもどかしさを感じていらっしゃる方も多いかと存じます。

 ご葬儀の良し悪しは金銭だけでは測りきれず、ご遺族、担当者、周りのスタッフ皆さんの気持ち次第で大きく左右されます。

先ずは、ご遺族が故人との絆を大切に、これだけはしてあげたいというこだわりを持つことでご葬儀に参加され、担当者は出来るだけご要望に添える様考慮し、提案していきます。

納棺に間に合わなかった弟様のたっての願いは「最後の一晩をお父様とご一緒に過ごしたい」でした。

当初ご自宅で納棺後、日華斎場での1日葬という段取りでしたが、ご葬儀まで1週間待ちとのことで、ご相談者のお仕事の関係から難しい状況となり、急遽担当者の提案で、地元のお寺さんでのご葬儀に切り替わりました。
納棺を済ませ、ご葬儀会場となるお寺の安置所に移動されましたが、弟様が遠方から駆け付けたのは、ご葬儀前夜になってしまわれました。
通夜を執り行わない1日葬で、しかも式場費が半額とのことで、通常のお泊りは難しい状況でしたが、こちらのお寺をよくご存じの担当者が掛合い、2階の空いている和室を無償で提供いただけることになりました。
1階にご安置されている柩を2階の和室に運ぶ手立ては、階段しかありませんでしたが、御兄弟3人で力を合わせ、柩のお父様を2階和室にお運びし、お父様を囲み御兄弟で最後の晩をお過ごしになられたとの由。
感無量の面持ちで、担当者にお話されたとお聞きしております。

また、一方ご相談当初白紙状態のご葬儀では、ご検討の結果、お食事と返礼品は亡くなられたご主人好みのお料理と、ご喪家の記念になるものをご喪家側でご用意することになりました。

さらに、会社でイベント企画のお仕事をされているお嬢様がご葬儀の進行役をお努めになり、ご葬儀中、担当者は脇でアドバイザーとしての意見を申し上げるにとどめ、ご葬儀を見守って行く形をお取りになりました。

「生前父は私の仕事内容を良く分かっていなかったようですが、これで理解してくれたと思います」とお父様の最期を取り仕切り、悲しみの中にもご満足された御様子が伺えたとのことです。

ご遺族の「こだわり」の意を汲み取ることも大切です。

葬儀をするにあたり、何を一番に優先したいですか?

 宗教的なしばりがない方が葬儀社を選ぶ場合、選ぶ基準にするのは主に費用、対応、斎場などの設備、場所などから考えられるかと思います。 例えば、費用が少し高くなっても近い所がいい、費用は抑えたいが、ちゃんと対応してもらいたい、安置所でずっと付き添えるところがいい、式場は交通の便が良いところ、などがあると思いますが、これらの全てに対応できる葬儀社というのはなかなかありません。

 ただ、葬儀について、そこまで具体的に考えている方もあまり多くないとも思います。
 そこまで気が付いていないといういい方もあるかもしれません。

 センターではご要望を伺い、それに出来る限り合うような葬儀社を複数ご紹介することもありますが、複数のご紹介が、かえって迷ってしまうこともあるようです。

 以前2社をご紹介させて頂いたご相談者は、両社の担当者と直接お会いになったのですが、どちらもいい担当者で甲乙が付けられず、迷った結果、結局ご自宅から近かった社を選ばれたということがあります。

 また、同じく複数社のご紹介をさせて頂いた方は、こっちの葬儀社は対応面と設備はよかったのですが、もう一社は設備はないけれど対応面と一人の担当者が最後まで対応してくれるというところが気に入られたとのことで、そちらの社をお選びになりました。

 出来れば事前にご相談いただき、ご要望を明確にしていきながらご要望にあう葬儀社のご紹介をさせて頂ければと思いますが、相談まではなかなかできない、という方もいらっしゃると思います。

 センターではお亡くなりになってからのご紹介でも、できる限りご要望に合うように対応いたしますので、事前相談をする気持ちになれない方でもいざとなった時にご相談いただければと思います。

担当者の気配りは如何に・・・。

 「お忙しいところ昨晩の通夜にお越し頂き、ありがとうございました」
 緊張した面持ちでエレベーターを降りた老夫婦は、ご葬儀の受付けに向かう途中で声を掛けられ、思わずほっとされた御様子で、安心されたような表情を見せていらっしゃいました。

 声の主は葬儀社の担当者でした。

 緊張のあまり、日頃の気配りができにくい喪主やご喪家に代わり、常に俯瞰の目で周囲に気を配りながら、いち早く対応できることも担当者の重要な役割の一つだと思われます。

 ご葬儀は夫々のお宅に見合う見送り方があり、ご葬儀のノウハウだけでご満足のいくご葬儀を執り行うのは難しいのが現状です。

 昨今多くなりましたお身内だけのご葬儀では、担当者との接触も頻繁になり、ちょっとした気配りが満足度の大きな要因になり、ご相談内容によりましては、様々な経験を積んだ担当者に一理あり、委ねる場合もございます。

 先日もご相談者から万が一の際のご要望をお伺いし、地元の賛同社でご希望に沿えると思われます複数社より見積りをお取りし、賛同社と見積りのご説明等をさせていただき、時間がございましたら、是非担当者と面談をされるよう申しあげましたところ、ご面談前に当方の推薦社とその理由をお知りになりたいとのご返事を頂きました。

 ご予算も大事ですが、サービスの質を第1に挙げ、ご会葬者はお身内のみで、お年を召した方が多いとお伺い致しましたので、ご紹介いたしました複数社の内、小規模ながら長年ご葬儀に関わり、経験豊富で状況に合わせて小回りが利き、その場その場で臨機応変な対応が評判の担当者を今回は推薦させていただきました。

 但し、ご相談者と合う、合わないということもございますので、その点はご配慮いただくよう申し伝えておきましたところ、各社担当者と面談をされた後、万が一の際は当方が推薦した社にお願いされたいとのご返事をいただきました。

人対人

 今は、葬儀のこともある程度はネットで調べることができ、センターへご相談される方でも、ネットで色々調べている時にセンターのサイトに出会って下さった方は多く、お話を伺うと、すでにいくつかのサイトからネット経由で見積もりや資料を受け取られている方もいらっしゃいますが、たくさん調べていらしても、どこかモヤモヤしているところがあったり、スッキリとまとめることができなかったりという方も多く、見積りや資料を見すぎてかえって分からなくなってしまったというご相談が最近特に増えています。

 そしてご相談では、ご相談者ご自身でも、何がひっかかっているのか、なんでスッキリできないのかがわからないとおっしゃる方がいらっしゃいます。
 モヤモヤの原因は、その方やご家族、親戚との関係、地域、宗教などからの心配や、何を信じたらいいのか、という今の世の中の状態からくる心配など、各個人によって様々なことなので、質問して、答えがかえってくるだけのコンピューターとのやりとりでは解決するのが難しいのかもしれません。
 そもそも、なにが原因なのかもわからない状態の場合、質問すること自体難しいのでは・・・。

 センターでは、ご相談者とのやり取りの中で、何が心配なのかということを一緒に探し、少しでも気持ちを軽くして頂ければと考え、「人対人」での対応を一番に考えています。

 状況も違えば環境も違う、考え方も様々な個人的な事に対応するのは、マニュアルを覚えるだけで出来ることではなく、ご相談に対応する側が一人一人のご相談者に対して向き合わなければできないことだと思います。
 
 葬儀社を紹介する、ということだけなら、マニュアルがあればだれでも出来ることですが、その方に合うような葬儀社を、となると、葬儀の事や葬儀社の所在地だけ知っていても、良いご紹介はできません。

 この方にはこんな担当者が合いそうだ、とか、ここの葬儀社ならこのご要望も快諾してくれる、などを考えながら葬儀社をご紹介するためには、葬儀の事や葬儀社のことだけでなく、ご相談者がどのようなご紹介を望んでいるのかを感じ取らなくてはならないと思います。

 できればなるべく関わりたくないお葬式の事。ですが、考えなくてはならない状況にいる、という不安な気持ちを少しでも楽にしていただくために、センターでは「人対人」というやりとりを大切にしています。

こだわり

 ご葬儀はやり直しがききません。
 ご喪家のご希望も様々ですが、当センターではお話をお伺いして、ご要望に合うと思われる賛同社をご紹介しており、賛同社の担当者も少しでもご納得のいくご葬儀をと、臨機応変な対応を心掛けております。

 先日もご自宅介護のお母様が危ない状況とのことで、万が一を鑑み、葬儀社さんのご紹介をとの相談をいただきました。
 ご葬儀はご自宅以外でお別れ式のような形をとり、お越しいただいた方々の手で、お母様のお好きだった服に着替えさせて、皆様ご一緒にお見送りされたいとのご希望でした。
 特に皆様お揃いされてのお着替えは外せないとのことですが、一方菩提寺があり、ご住職にはお別れ式ではなく、炉前での読経をお願いしたい旨申し上げてあるとのこと。

 お別れ式でのご住職の許可はどの辺りまでお取りになっていらっしゃるのか、またご葬儀までの日にちを考慮した場合、ご遺体の状況によってはお着替えが難しくなる等のお話を申し上げ、まずはご相談者のお近くで自社斎場を有し、臨機応変な対応で評判の賛同社さんをご紹介させていただきました。

 早速にご相談者は担当者とご相談をされ、菩提寺の件では担当者にご住職と直接話し合っていただくことを提案されたとの由。

 お話し合いの結果、菩提寺側として1日葬の読経は必要ということになりましたが、担当者は遠方からお越しのご高齢の方々が、納棺の儀とご葬儀それぞれ別な日に立ち会うのは困難な状況を鑑み、自社式場にて1日葬を執り行う前に、納棺の儀の提案をされて、ご納得いただいたとの報告が入りました。

 こだわりのご葬儀と伺い、以前、お父様らしく見送りたいとのご相談頂いた折のことが思い出されます。
 ご相談者からはご紹介した担当者とのコミュニケーションもよくとれ、「毎日自宅まで足を運んで頂き、当日は完璧と言ってよいくらいにイメージ通りのご葬儀を行うことができました」とのご報告を頂きました。

 メモリアルコーナーやお父様がお撮りになった短編映画を皆様にお見せ出来、大変満足されたとのこと。
 また、晩年の寝たきりに近いお父様ではなく、若くて元気だった頃のイメージをもって偲んでもらうのが一番の狙いでしたからと記されておりました。
 さらには、ご親族からは担当者の誠意ある対応を見て「俺の時もここに頼もうかな」とご報告された方もいらっしゃったとの由。
 やり直しがきかないご葬儀です。
  ご要望のご葬儀に、またこだわりのご葬儀にどれだけ近づけられるか、担当者の課題はさらに続きます。

生花祭壇

 都内では桜が満開になりました。花の多い季節です。 
 ときどきお散歩中の保育園児たちと遭遇するのですが、子供達が庭や公園に咲いている花に気を取られ、しゃがみこんで花を見ている姿を目にしました。先生に「おーい、歩いてくださーい。」と促されても耳に入っていないようです。

 事前相談で「本人は花が好きなので生花祭壇にしたいと思っています」というご相談は少なくありません。
 
 最近では白木祭壇よりも生花祭壇を希望される方が増えていると感じていますが、それに伴い、生花祭壇にちからを入れている葬儀社さんも増えてきたように思います。
 その故人様のためだけにつくられる祭壇であることは、ご家族にとっても思い入れが出来るものなのかもしれません。

 生花祭壇の場合には、予算に合わせてご遺族のご要望を織り込みながら祭壇をつくってくれる柔軟性に富んだ葬儀社さんもあります。

 以前、葬儀業界のイベントに行った時、某有名華道家の方がデザインした生花祭壇が展示されているのを拝見しました。
 それはそれは、ため息が出るほどの圧倒的規模と美しさで、、「さすがだな〜」と思いましたが、これはいったいおいくらなのか…??と・・・。
 私のような庶民には手が出せないですし、そこまでは望みませんが、せめて、本人が好きだった花を祭壇の中に入れていただくだけでも本人に思いが伝わるかも、と思います。
 
 私の知り合いの方は自分の葬儀の時には南国の花でいっぱいにしたいと言っています。まだまだ先の事ですが、お別れに来た皆様にもその人らしさが伝わる祭壇になりそうです。

 生花祭壇は、その方のためだけに造られた祭壇です。生花祭壇を選ぶ際には、好きな花、好きな色などをリクエストしてみるといいかもしれません。

薔薇にまつわる思いとは・・・。

 今年も先日、横浜イングリッシュガーデンに、お目当ての薔薇の花を愛でに伺いました。
 赤、白、ピンク、黄色の花びらが青い空と見事なコントラストを放ち、今が旬とばかりに咲きほこっている薔薇の花に囲まれ、幸せなひとときを過ごして参りました。

 薔薇には高貴な方や有名人の名前が付けられ、雰囲気をさらに盛り上げており、中でもかつてのハリウッド女優・イングリッド・バーグマンの名がついた真紅の薔薇には、華やかさの中にも凛とした趣が感じられ、しばし見とれておりましたが、その趣にふと数年前のご葬儀のことがだぶってきました。

 薔薇には棘があり、お花は鮮やか過ぎてご葬儀には向かないとまで言われているようですが、時にはこの薔薇の花でなければご葬儀が成り立たなかったのでは、と思われる程のインパクトをお見せすることもあるようです。

 数年前の無宗教葬のご葬儀では、祭壇は造らず、柩の周りを白い薔薇で飾り、写真は撮らずに、一切のものを残さないでほしいとのご要望を頂きました。
 彫刻家のご主人のかつてのお仲間が50名程集い、柩を前にグラスを重ねて、若かりしパリ時代の思い出話に花を咲かせて、ゆったりした時間が流れる中、最後のお別れとなりました。
 お一人お一人が白い薔薇を柩に手向け、白薔薇で埋め尽くされた柩に一輪の真紅の薔薇が奥様の手で置かれました。
 その鮮やかな色合いから強い意志が感じられ、今でも鮮明に目に焼き付いています。

 また、ご葬儀が無事終わりましたと担当者から送られてきた写真には、棺の上に黄色の薔薇の花束が画面いっぱいに写っておりました。
 他界されたご主人の歳の数と同じ60本の薔薇の花束は、奥様の誕生日に歳の数だけプレゼントし続けていたご主人への、奥様からの最初で最後のプレゼントとの由。
 イベント企画のお仕事をされていらっしゃるお嬢さんのたっての願いで、ご葬儀の進行役をお嬢さんにお任せした担当者からは、意外なことを聞かされました。
 お嬢さんからは「生前父は私の仕事の内容がよく分かっていなかったようですが、最後にこれで理解してくれたと思います」とほっとされたご様子でお話いただいたとの由。
 黄色の薔薇には奥様とお嬢さんの熱い想いとメッセージが込められていました。

 薔薇には薔薇の数だけ物語りがあるようです。

葬儀社さんと話をすること・。

 先日、センターの賛同葬儀社になる申し込みをいただいた葬儀社さんと面談を行いました。
 センターでは、新規で申し込みをされた葬儀社さんには、必ず一度事務局へお越しいただき、面談をさせていただいています。

 面談では、まずセンターの説明から始まりますが、その後は葬儀社さん側の話しを聞かせて頂き、ご相談者へ紹介させていただく際の参考にさせていただけるように、また、センターとの今後のコミュニケーションがうまくいくようにという流れで進めています。

 センターでは、担当者の方がどんな方なのか、会社はどのような対応をするところなのかなどを考えながら話をお聞きしています。
 それは、ご相談者の要望が様々である、ということに対して、各葬儀社さんがそれぞれにどのように対応して頂くのかを、紹介する立場として把握していなくてはならない為です。

 先日ご来社いただいた葬儀社さんの担当者は、介護の仕事を経て葬儀社に転職された方でした。
 介護の仕事を通して、お世話をしていた方が亡くなってしまった時の葬儀に参列できないことが度重なり、最期を気持ちよく送ってあげたいという気持ちになり、葬儀社に入りましたとおっしゃっていました。

 雑談のような小さな話でも、実際に葬儀に対応し、ご依頼者の気持ちと合うことができるようなことになるかもしれません。
 葬儀社さんと直接話しをするのは、私にとっても勉強になりますし、良いご紹介をするためにも大切なことだなと思います。